S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
最新の記事
最新のコメント
カテゴリ
過去ログ

<< 9/27(土)D−MAX杯のスタメン発表 | ぴよブロTOP | 10/5(日)のナイターについて >>
D-MAX杯の結果
D−MAX杯、お疲れさまでした〜楽しい

結果報告です。
 
  1回戦   ●敗戦 ぴよっきーず 2−11 MOLD
  3位決定戦 ○勝利 ぴよっきーず 10−2 EigyoVAN

というわけで、3位でした拍手・・・正直、びみょう〜しょんぼり

総合成績は

  優勝   あらたーず
  準優勝  MOLD
  3位   ぴよっきーず
  4位   EigyoVAN


皆さん、初のD−MAX杯参加でしたが、いかがだったでしょうか聞き耳を立てる
結構、楽しめたのでは。

次(11月)もいっとく?
人数集まれば参加しますのでよろしく〜チョキ

ではではパー


  
by piyokanbu | 試合結果のレポート | comments(1) |

comments
次もいっちゃいましょう!!
今回試合をして思ったのは、安定した投手と守備力のあるチームは勝ちあがれるんだなと思いました。
確かに爆発的打線のつながりや連打が勝因になることもありますが、打たなくても点は入ります。
相手投手の自滅、打ち取ったあたりを相手守備がミスしてくれたり・・・。
野球って打たなくても勝てたりするんですよね。
僕たちぴよっきーずも優勝するチャンスは十分にあったと思います。
一試合目は僕のエラーで鶴田さんのリズムを崩してしまいました。ほんと申し訳なかったです。
二試合目は先発任されたのでフォアボールを少なく暴投も少なく投げようと意識して投げれました。
バックも安定していて投げやすかったです。
いつも楽しくやれればいいかなとにこにこやってるんですけどD-MAX杯はちょっと緊張してしまいました。

決勝戦バックネット裏でみてて感じたこともはじめに書いたことと同じになっちゃうんですけど、モルドのピッチャーの山本さんは球も速く変化球も切れるし間違いなくエース級で
した。しかし、ワイルドピッチや制球に苦しむ点が見受けられました。一方あらたーず先発の日置さんは失礼ながらめちゃくちゃ球が速いわけでも変化球がめちゃ切れるわけでもないのに見事勝利投手になってます。パッと見ても打ち込まれていたのは日置さんでした。モルドの方が打撃で押してる気がしました。しかし勝利したのはあらたーずでした。
勝敗をわけたのは投手・守備の安定した守りだと思います。
試合を作るのは間違いなくピッチャーです。
それを支えるのが周りの野手です。
今後のチームの課題として“安定感”というのを目標にプレーしてみてはどうでしょうか?
僕自身の課題でもありますが・・・。
D-MAX杯終了後の閉会式はやっぱり優勝したチームをみるとうらやましくなりました。次回のD-MAX杯はぜひ優勝したですね!次回もがんばりましょう!!
長々とすいません!

*ここに述べたのは僕自身の野球論というのかはっきりいって個人的な意見なので参考程度に読んでもらえれば幸いです。みなさんの意見もきかせてください!



| 清水 | 2008/10/01 3:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog-piyo.kusa-yakyuu.com/trackback/1046263
トラックバック