S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
最新の記事
最新のコメント
カテゴリ
過去ログ

<< ぴよっきーず 2010年度振り返り・・・そして2011年度へ | ぴよブロTOP | 第8回D−MAX杯 結果! >>
ぴよっきーずアウォード2010!
ぴよ代表です。

2010年も、昨年に引き続きブログ上でぴよっきーずのタイトル表彰を行いたいと思います祝
納会に参加してくれた人たちには、その場で報告済みですが、改めて2010年の記録を振り返りましょう。

まずは【チーム編】です。

 
 ■勝敗成績: 23試合13勝10敗
  勝率  : .565
  D−MAXリーグ 第4位(7チーム中)
 ■チーム打率: .240
  D−MAXリーグ 第4位(7チーム中)
  過去14年で6位の数字
 ■チーム防御率:3.64
  D−MAXリーグ 第5位(7チーム中)
  過去14年で3位タイの数字
 

 例年通り20試合以上こなせたことが一番ですが、勝ち越すことができてなによりでした。D−MAXリーグ内には菊川ステイインドアーズ、あらたーず、といった強豪がいるのでなかなか優勝できませんが、4位ならば御の字でしょう。今年はD−MAXリーグの直接対決で勝利し勝ち点を奪っていき順位を上げましょう。
 チーム打率は、前半なかなか2割を超えない貧打のチーム状態が続いていましたが、後半は2桁得点の試合も増え盛り返し.240まで延びました。
 チーム防御率も過去3位ならいい成績だったんですね〜。

続いて【打撃部門】です。

 
 ■首位打者: 星野 .386 (初)
        D−MAXリーグ6位
 ■本塁打 : 星野 2 (初)
        尾崎 2 (初)
 ■打点  : 星野 17(初)
 ■最多安打: 星野 17(初)
 ■長打率 : 星野 .591 (初)
 ■出塁率 : 星野 .429 (初)
 ■盗塁王 : 尾崎 11 (初)
 

 規定打席に達した9名を見て、前年から引き続き名前があるのは私と河野さんだけです。2010年は主力メンバーが大きく入れ替わったと言わざるをえない年になりました。そんな中、注目の首位打者は、前年まで3年連続で打率1位、2位を続けてきた金岡さん、清水圭さんが規定打席に達しなかったため、上位も完全に入れ替わり、2010年入団の星野さんが初の獲得です。
 というか、打撃部門は星野さんに総ざらい持ってかれたという印象ですね。12試合出場で17打点というのも立派な成績ですし、いまだに入団以来、三振ゼロっていうのも素晴らしい。チャンスに強く、シュアな打撃が目立ちました。
 規定打席未満では、金岡さん、清水圭さん、の高打率常連組に、落合さんあたりも高打率を打てる実力を秘めてると思います。今年はどんな争いになるか楽しみです。

最後に【投手部門】です。

 
 ■防御率 : 松永和 2.54 (初)
 ■最多勝利: 松永和 5勝 (初)
 ■最多奪三振:清水圭 47 (4年連続4回目)
 ■最優秀救援:(最多1セーブのため該当者なし)


 投手部門は、なんといっても松永和さんの安定力が光りました。今までの野球人生で投手経験はないそうですが、4月に投手不足のチーム事情から先発し、ここまでひとり立ちしてくれるとは、抜擢した私も代表冥利に尽きる一件でした。特徴はコントロール。与四死球率1.96は、D−MAXリーグ全体でも1位の成績でした。
 清水圭さんは、規定投球回数に達しなかったものの前年からのチーム大黒柱の力は存分に示してくれました。最終戦ではノーヒットノーランも達成し、主力投手であることは変わりありません。
 今年も投手をやりたいって言ってくれているメンバーもいますし、いろいろな人に投げてもらい可能性を引きだしていければと思っています。

 前年のブログで、「2010年は新メンバーも充実し、タイトル争いも熾烈になるでしょう。」みたいなことを書き込んだけど、その通りになりました。ほとんどのタイトルが初受賞になりました。
 これらをもとにメンバーの皆さんは、今年の目標を各自立ててみてください。来年は、このブログに誰の名前が載ってくるんでしょうか。若い力の高校生たちも延び代のある未知の力が魅力です。

 チームの勝利とともに個人タイトルも興味は尽きません!

以上
by piyo-kuro | お知らせ | comments(0) |

comments
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog-piyo.kusa-yakyuu.com/trackback/1294537
トラックバック